株式会社創建築設計事務所

沿革

年号 社歴 世情
1973年
(昭和48年)
株式会社 創建築設計事務所 設立 (新潟市中央区幸町)
資本金250万円
大阪万博開催(1970年)
第一次オイルショック(1973年)
実質経済成長率約4%(1973年)
1975年
(昭和50年)
堅田ビル(新潟市中央区米山)移転
1976年
(昭和51年)
資本金400万円に増資 ロッキード事件(1976年)
円高不況(1977年)
1980年
(昭和55年)
事務所(新潟市中央区女池下山南)
新築移転  W造平屋150㎡
第二次オイルショック(1980年)
1987年
(昭和62年)
有限会社 システム創設立
実験アパートローゼンクローネ新築  新潟大学前に建設
資本金1000万円に増資
円高不況(1985年)
バブル景気(1986~1991年)
国鉄分割民営化
1988年
(昭和63年)
事務所(新潟市中央区女池下山南)増改築 S造3階建 330㎡
1989年
(昭和64年・平成元年)
ライフスペース創 有限会社設立 (住宅設計部門) 消費税3%導入(1989年)
1990年
(平成2年)
社内企業・構造設計室設立 バブル崩壊 経済停滞 湾岸戦争(1991年)
1992年
(平成4年)
実験ハウス(高断熱、通気工法)を東青山に建設 デフレの始まり 土地神話の崩壊(1992年)
1998年
(平成10年)
事務所(新潟市東区新潟卸センター内)新築移転
S造2階建 350㎡
阪神淡路大震災(1995年)
消費税5%導入(1997年)
沖縄サミット(1998年)
長野オリンピック(1998年)
2006年
(平成18年)
NPO法人 新潟県住環境支援センター設立 中越地震発生(2004年)
世界金融危機(2006年)
リーマンショック(2006年)
中越沖地震発生(2007年)
2013年
(平成25年)
「ライフスペース創有限会社」を「株式会社創建築設計事務所」に
合併
設立40周年
東日本大震災(2011年)
北京オリンピック(2013年)
アベノミクス(2013年)
2015年
(平成27年)
現在に至る 消費税8%導入(2014年)